勉強会へ



IMG_4307

医療面接についての勉強会。ロールプレイ。
いつもは、問診票とにらめっこしながら、順を追ってお伺いしていきますが、何もないところではとても難しいことでした。
わかっていると思っても、なかなかなんだなぁと改めて思います。

私の心がけてること。改めて思うと、やっぱり最初は「自己紹介」

ロールプレイの症例はCP.MR.食べることが困難、歯ぐきが赤く腫れてる。

両方とも生活の中の困り感。つい、その子の生育歴や生活中心の話から入ってしまう。

主訴から入らないと不信感が出るのではという、若い衛生士さんのご指摘。
そうだなぁ。他の先生方も主訴からがほとんど。そうだよね。主訴から行かないとね。反省反省😅

歯が痛いって具体的なことは主訴から入りやすい。
でも、生活面に即した困り感は、自分では生育歴や生活から聞いていくのが入りやすい。
その子の生まれた時をイメージして、栄養はどうだったんだろう、退院指導はあったのかな、初乳を飲ませてあげることができたのかな、お母さんは赤ちゃんにいつ会えたのかなぁ、そうやって考えて話していくと、ついお母さんと世間話になってしまう。
ロールプレイだと、相手と漫才コンビになっちゃうんですねぇ。

反省点もたくさん見つかった。コメントをもらって、抜けてるところもたくさんあった。だから、また、初心に戻って明日から患者さんと向かい合おう。
がんばろー。